癌の特性を活かした遺伝子治療が今注目されている

新・メディカル情報

癌細胞の組織幹細胞

男女

正常な細胞と似ている

癌細胞といえば正常な細胞が突然変異を起こしたものという捉え方が一般的となっています。この癌細胞は、正常な細胞と同じく広がって増殖する点が厄介で、その特徴のせいで転移なども起きやすくなるのです。
最新の研究ではiPS細胞を使って癌細胞を作り、癌細胞の自食作用を利用することも行なわれています。

遺伝子操作した細胞の特徴

癌細胞には他にも特徴があります。癌細胞の遺伝子を取り込み、治療に用いるための細胞にはこの作用をうまく利用した特徴があるので見ていきましょう。

・細胞の動きが低下する
遺伝子治療で使われる人工の細胞では、増殖能力や細胞に浸潤していく能力がなくなっていることが分かっています。
・抗癌剤に反応する
人工の細胞の特徴を確かめたところ、抗癌剤に対する反応が高いため、化学療法においても高い効果が発揮することが予想されます。

iPS細胞が鍵

こういった悪性度を下げられる細胞を作り、遺伝子治療に利用できるようになったのはiPS細胞の研究の成果だといえます。
iPSと同じ動きをする癌細胞を意図的に作り上げ、プログラミングし直すことで、正常細胞を逆に生み出すことができるまでになりました。

抗癌剤での治療が難しい場合

こういった遺伝子治療が考え出されるようになったのは、化学療法にある程度限界があることが要因です。化学療法は効果的な治療法となっていますが、完全に悪性の細胞を無くすまでには至りません。
それが遺伝子を使った治療が現れたことで、再発も予防できるのではないかという希望がもたらされたのです。

将来的に広がりをみせる

将来的にも医療現場において遺伝子治療はますます広がりを見せることでしょう。まだまだ研究段階とはいわれていますが、すでにこの治療法を使って治療をしている人は多数存在しています。
現段階では他の治療の補助的役割として利用されています。

iPS細胞とES細胞

一般的に広く認識されるようになった遺伝子研究ですが、中でもiPS細胞とES細胞が有名です。iPS細胞の特徴は身体の全ての情報が書き込まれているので増殖性と多能性があり、ES細胞は動物の胚から作られるため、様々な細胞へ分化する多能性があります。