癌になったら新しい治療法である遺伝子治療にも注目しよう

新・メディカル情報

突然変化する

人間の細胞は常に入れ替わっており、そのお陰で健康が保たれています。しかし、何らかの影響が原因でその細胞分裂が上手くいかなくなることがあるのです。これが腫瘍の発生の原因となり、発生した悪性腫瘍は広がってしまうこともよくあります。

最新治療の手法を解説

男女

癌細胞の組織幹細胞

最近は日本におけるiPS細胞の研究がノーベル賞で評価されたこともあり、多くの現場でiPS細胞が利用されるようになってきました。どうやってその細胞を癌の治療に利用するのか、解説を見て今後の展開にも注目しましょう。

READ MORE

日本人が癌を発症しやすい部位5箇所

no.1

結腸と直腸を含む大腸

この部位が1位になる原因としては、直腸と結腸両方を含むからです。直腸だけで計測した場合は6位で、結腸だと3位になります。しかし、やはり多いことは事実です。女性だと死亡率が1位になってしまう病気でもあります。

no.2

胃は以前は日本人が最も癌を発生させやすい部位だといわれてきました。今では2位になっていますが、やはり多いといえます。胃の中でも幽門前庭部にできやすいといわれているため、塩の過剰摂取が強く関連していると予想されます。

no.3

肺は男女ともに癌の罹患率が高い部位となっていて、死亡率から考えると男性で1位、女性で2位なのでとても死亡率は高いです。肺がんは喀痰細胞診という検診で見つけることができるため、検診を積極的に受けましょう。

no.4

乳房

乳房は男女両方にありますが、圧倒的に女性に罹患率が多くなる病気です。乳癌で亡くなる人は、他の癌よりも少ないのですが、女性だけで考えると死亡数5位はかなり高いです。罹患数も増加しているので、検診が必ず必要となります。

no.5

前立腺

こちらは乳癌とは対照的で、男性しか悪性腫瘍が発症しない部位だといえます。男性がかかる癌の罹患数だけで統計をとってみたところ、実に14%の比率で罹患するということが分かっています。簡単な検診で早期発見できます。

胆のうがんに関する知っておくべき知識一覧

内視鏡検査によって分類される

胆のうがんにかかっているかどうか、検査をするためには内視鏡が利用されています。医師が肉眼で状態を確認し、胆管がんは乳頭型、平坦型などに形で分類されます。一方、胆のうがんも同じような分類ですが、他には充満型などがあります。

悪性腫瘍が占拠する部位

胆道がんは胆のうに発生するものと胆管に発生するものに分けられます。胆管は長い距離があるので、それぞれに部位の名称が付いています。肝臓内から外に伸びる部分が肝内胆管で、十二指腸に繋がる部分は十二指腸乳頭部です。

深度によっても分類が行なわれる

外から見た分では分かりにくいのが、細胞の中でどの程度の層まで胆のうがんが浸出しているのかです。粘膜層にまだとどまっているのであれば粘膜がんといいますが、胆のうには粘膜筋層が薄いため、深達の速度は速くなるといえます。

組織によって性格を分類する

胆のうがん治療では組織検査も行なわれますが、これは発生した悪性腫瘍がどのような性質を持つものなのか知るために重要です。腺癌なのか、検査によって詳しく組織像が明らかになり、それによって治療方針が決まっていきます。

転移について

胆のうがんだけでなく他の部位に発生したときにも転移は必ず予想します。リンパ節の流れに乗って全身に病巣が広がる場合、血液に乗る場合、腹膜転移などがパターンとして考えられますが、胆管がんはリンパ節に転移しやすいです。

[PR]

【PR】
胆のうがんになったなら。
腕利きの医師を探すべき!

辛い癌治療に変化

ドクター

日本人の死亡率が高い

日本では癌の死亡率が増え続けているといいます。欧米と比べるとこの差は歴然で、欧米の先進諸国では逆に悪性腫瘍による死亡数は減っているという報告があるのです。
これは高齢化の日本ではある程度仕方のないことだとも言われています。

高齢化が癌になる一因

癌になる原因で最も多いのが、「高齢」です。正常な細胞が異常を起こすのは、うまく細胞分裂が働かなくなったからであり、年齢を重ねるごとにこの異常は増えていきます。
実際、統計的には50代以上の年齢の人が若い年齢の人よりも罹患数が多くなっています。

食事や生活から変えていく

癌治療が高度化しているにも関わらず、日本人の癌による死亡率が高くなるのは納得いかない部分でしょう。
それにも関わらず高齢化が進んだ先進諸国よりも胆のうがんや肺がんの死亡率が多くなるのは、食生活の改善がまだ上手くできていないからだ、という指摘もあります。

遺伝子治療に注目

最近では遺伝子治療にも注目が集まっています。外科手術が基本となる癌治療ですが、総合的にその人に合わせた治療を考える方針に変わってきています。
その中で、遺伝子治療は手術も必要のない、ストレスが減少する治療として注目されているのです。

胆のうがんの例

胆のうがんに関して遺伝子治療の効き目を考えると、胆のうがんの治療に適している遺伝子治療はNK細胞を使ったものだといえます。
樹状細胞による遺伝子治療では、癌細胞を直接攻撃するという特徴がありますが、成分採取の負担があります。
一方、NK細胞療法では、癌に限らず異物を攻撃するため、成分採取の必要がなく負担がないのです。